リラックスできる癒しグッズのプレゼント、癒しの為のグッズ商品

癒し関連グッズ紹介です。癒しグッズ女性、男性にも最適なグッズです。 プレゼントにも最適な癒しグッズです。癒しグッズのギフトなど。 今話題のインテグレイテッド・ヒーリングの紹介など

Home > ソウルメイト > ソウルメイト-魂の同士 見えない絆で結ばれる

ソウルメイト-魂の同士 見えない絆で結ばれる


見えない絆で結ばれた魂
ソウルメイト・ツインソウル

ソウルメイトとは、同じ志を持ち、ともに同じ方向に進む「魂の同士」のことです。例えば、明治維新の志士たちは同じ志を持った者たちの集まりでした。でも、彼らの中には似ている人も似ていない人もたくさんいました。坂本龍馬のように情熱家の人もいれば、岩崎弥太郎のような三菱財閥を作った戦略家もいました。そのようないろいろな個性の集まりでしたが、皆、同じ志を持っていました。そのような同じ志を持った人たちは魂れべるで観た時はは、集合する傾向にあります。長い転生にわたり、それらが、「魂の共生グループ」として集合していき、ソウルメイトういうグループとして、同じ時代に生まれ変わっていいきます。そのため、誰もが人生でソウルメイトに合う可能せうが高く、直接会わなくても、縁と縁が繋がった影響を受けたりしています。そのような魂の同士に出会うと、人生がより深いものになります。ソウルメイトは、自分が生まれてきたテーマ、つまりカルマを解消するにあたって、同じようなカルマを持つ相手です。互いが出会うことにより、良い悪いは別にして人生での体験が深まります。自らの魂が進化していくための出来事が起きて、それによって気づきが得られる。ある人との関係性で自分の中に喜怒哀楽といった様々な感情を強く感じてしまうのなら、その相手はソウルメイトなのかもしれません。

その意味で嫌な相手でさえソウルメイトであるかもしれません。人生がより深くなります。ただし、傷つけ合ったり、マイナスの影響しか与えない場合もあります。

また、いやな体験をさせられる相手が、全てソウルメイトとは限りません、悲劇な事故が起きた時、加害者は、ソウルメイトでない場合もあるからです。




ツインソウル
同じ魂を持つツインソウルはもうひとりの私の魂、もう一人の自分です。つまりツインといより「同体」と「いったかんじです。

ツインソウルは元々ひとつの魂でした。それが、人間として転生する時2つになったということです。

これは、その魂の進化のために起きたことであり、あえて2つになることで、学びが2倍になるからです。

ツインソウルは物質のようにひとつの物が2つに別れれば2つのままですが、魂の場合は、3次元の世界とは違って2つに別れるとか分離するわけではありません。

ツインソウルは、複製してできるクローンやひとつのものが2つに別れた片割れではありません。

魂がなぜツインになるかといえば、人として生まれた時に、全く違う生き方をしながら、それぞれの立場で学び合い、出会った後で、力を合わせることができるからです。

生きる上で、互いにカルマとも呼べるテーマがあります。それを、ある魂がワンソウルの状態からツインソウルになることによって、解消していけるからです。

ツインソウル同士の魂は、同じ性質で同じエネルギーです。その為、足りないエネルギーではなく、この人生での経験や進化を補え合える関係性です。例えば、社会的地位や肌の色や役割や性別などの違いにより、互いを補い合います。

誰でもツインソウルがいる
相手が同性か異性かは5分5分らしです。魂の世界では性別は関係がありません。いわゆる天寿をまっとうできるのなら出会う確率は100%といいます。

でも、出会ってもそのことにきづかず、結果的には関係性を結べていない人がほとんどです。

ツインソウルの見分け方

うなじの雰囲気が似ている
髪はとても霊的なものであり、うなじは生まれてから死ぬまで、指紋と同じように、ずっと変わらない部分です。うなじの雰囲気がにているのならツインソウルです。

ソウルメイトとツインソウルの両方にキョウツウスルポイント

・子供の頃の夢が、自分と似ている
・目の雰囲気が、自分と似ている
目は魂を写す鏡であり、方向性を意味します。目の雰囲気とは、形ではなく、ひとみの奥から発せられる輝きも含めた質感のようなものです。

自分と似ているかどうかの目安は好き嫌いや恋愛感情を抜きにして、相手の目をみて「ハッ」と驚く、そんな感覚があれば、ソウルメイトです。その感覚が最も強いのがツインソウルと言えるでしょう

自分と似ていると思う
相手を自分の用に感じ「自分と似ている」と思う、それが最大の特徴です。ツインソウルが「もう一人の自分」である以上、出会った時の感覚は、自分自身をどう捉えているかで、人それぞれの感じ方が違います。自分を好きだったら、その人と出会った瞬間、相手を好きになります。自分を愛しているひとであれば、相手に対し、愛がこみ上げてきます。逆に、自分を嫌いであれば、相手のことを嫌いに思うかもしれません。この場合、相手の方だけ好意を抱くこともありえます。そうなると相手が異性の場合は片思いとなり、出会ってすぐに両思いになることはありません。

魂の共振共鳴

もともと、互いに同じ魂なので、出会った時のに相手に好意を持った場合、「魂の共振共鳴作用」が起こります。

あいてに対して、自分を見ているような感覚が湧き上がってくることであり、これは1~3日後などに起こることがほとんどといいます。

なぜ、すぐではなく、時間差が生じるのでしょう、相手に対して最初に感じた印象が、人によって3日くらいたったほうが、より冷静に認識できるからです

異性とは恋愛関係になりやすい
相手が異性の場合、はじめから距離感をあまり感じません。それどころか懐かしい感覚が生まれます。まるで長年一緒に暮らしている家族と同じような感覚でもあり、時には「空気のような存在」に感じられます。距離感がないのですぐに打ち解けて深い恋愛関係になることがあります。
孤独が癒やされる
ツインソウルに出会うと、人生がより愛おしものに変化します。それは「自分か孤独じゃない」ということを魂レベルで感じるからです。自分と似た人と出会うと「そう感じているのは自分だけじゃないんだ」という孤独が癒やされる安心感があるかrです。ソウルメイトの場合は自分と同じ方法を向いていますが、自分とは別物です。ですから、魂レベルでは孤独を感じてしまいます。たとえば、マラソンで同じ方向に一緒に走っていても孤独を感じると同じです



キーワード